・ トップ
おしらせ
・ お知らせ
当院のご案内
・ 診療方針
・ 診療内容・検査内容
・ 診療日・診療時間
・ 乳がん検診
・ 検診・健康診断
・ 栄養・食事相談
教室
・ 料理教室
  ・
過去の写真
・ ストレッチ教室
後援会
・ 未来の健康と医・食を考える会
交通案内
・ 交通案内
スタッフ
・ スタッフ
  内痔核の治療


 
  痔核(いぼぢ)肛門の奥の方にできる内痔核と出口に近い部分にできる外痔核があります。  内痔核が大きくなると肛門から脱出してきます。 出血を伴うこともあります。

肛門から出っぱなしの状態、あるいは出てくるが指で押しこめるような状態の内痔核に対しては手術の他に薬剤(ジオン)を注入して縮小させる方法があります。

当クリニックではこの注入療法を日帰り(朝治療して夜帰る)で行っております。

お気軽にご相談ください。

痔核(いぼ痔)とはどんな病気でしょうか?
内痔核の治療1 肛 門周辺の粘膜の下には、血管が集まって肛門を閉じる働きをするクッションのような部分があります。
肛門への負担が重なると、クッションを支える組織(支持 組織)が引き伸ばされ、クッション部分が大きくなり、出血したり肛門の外に出たりするようになります。
これが痔核(いぼ痔)です。

痔核には、直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核があります。また、内痔核が大きくなって脱出するようになると肛門側の痔核、つまり外痔核を伴って内外痔核という状態になることもあります。


ジオン注による治療法とはどんなものでしょうか?
「脱出を伴う内痔核」にジオン注を投与して痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。
痔核を切り取る手術と違って、痔核の痛みを感じない部分に注射するので「傷口が痛む」というようなことはなく、入院期間の短縮も期待できます。

ジオン注とはどんな薬でしょうか?
内痔核の治療3 ジオン注の有効成分は硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸というものです。

        硝酸アルミニウムカリウム-出血症状や脱出症状を改善する, タンニン酸-硝酸アルミニウムカリウムの働きを調節する


どのようにジオン注を投与するのでしょうか?
内痔核の治療4 ジオン注を投与する前に肛門周囲への麻酔か、下半身だけに効く麻酔を行い肛門周囲の筋肉を緩め注射しやすくします。
麻酔法については先生にご確認ください。 ジオン注はひとつの痔核に対して図のように4か所に分割して投与します。
これは痔核に薬液を十分に浸透させるための方法で、四段階注射法といいます。 複数の痔核がある場合には、それぞれに投与します。
投与後しばらく点滴を続け、麻酔の影響がなくなるまで安静にする必用があります。


ジオン注を投与するとどうなるのでしょうか?
内痔核の治療5-1 投与後の早い時期に痔核へ流れ込む血液の量が減り出血が止まります。脱出の程度も軽くなります。
内痔核の治療
内痔核の治療5-2 投与した部分が次第に小さくなり、引き伸ばされていた支持組織が元の位置に癒着・固定して、脱出がみられなくなります。
(1週間〜1か月)


出血がみられなくなります. 脱出や肛門のまわりの晴れがなくなります。

出典  「ジオン注による治療を受けられる患者さんへ」  岩垂純一先生